こんにちは。宇治まっちゃです。

 

先日、こんなツイートをしました。

よく「あの人はすごく優しい」という話を聞きます。

 

確かに相手に優しくできる人は素晴らしいです。

 

ですが、個人的にはそこまで人に優しくできる人はいない気がします。

 

優しい人と優しくできる人は別です。 

 

今回は「優しい人」について書いていきたいと思います。

 

優しくできる人=心に余裕がある人

基本的に優しくできる人は、心に余裕があります。

 

この余裕は人それぞれですが、大きく分けると以下の2つに分けられます。

  • 金銭的に余裕がある人
  • 時間的に余裕がある人

ほとんどがこの2つで決まると思います。

 

会社の中であれば【仕事で余裕がある人】も加えられるでしょうか。

 

上記3つに余裕がある人は人に優しくできます。

 

どれか一つでもかけていると人に優しくできません。

 

優しい人=自分より相手を優先する人

優しい人は、自分よりも相手を優先します。

 

例えば仕事で忙しい時、周りで困っている人がいたら手伝ってあげます。

 

ほとんどの人は見て見ぬ振りをするか、頼まれても「忙しい」と断るのではないでしょうか。

 

人によってはただ断れないだけということもあるでしょうが。。。

 

相手を優先するあまり自分の仕事が疎かになってしまうのでは本末転倒です。

 

自分の負荷状況とバランスを取りながら手伝うことが大切です。

まとめ

他人に優しいことは良いことだと思います。

 

ただ、優しくない人に優しくする必要はないと思います。

 

会社でも損得勘定で仕事をしている人がいます。 

 

周りに手伝ってもらうけど自分は手伝わない人。

 

会社だから色々な性格の人がいて当然ですが、そういう人とは距離を置いています。

 

優しい人かどうか判断したいなら、負荷がかかっている時に仕事の話を聞いてみると良いです。

 

そこで本当の人間が出ます。

 

私も早く周りに優しくできるよう【金銭的余裕】と【時間的余裕】が欲しいです笑

おすすめの記事