こんばんは。宇治まっちゃです。

 

先日こんなツイートをしました。

 

今回は「時間」について書いていきたいと思います。

 

 

時間がないはあり得ない

「〜する時間がない」というセリフをよく耳にします。

 

ですが、結論時間はあります。

 

お金であれば人によって多い少ないはあるかもしれませんが、時間はみんな平等です。

 

ある人は多くて、ある人は少ないということはありません。

 

自分の1日の生活を振り返ると、意外と無駄なことをしていることがわかります。

 

テレビをダラダラと見ている時間を無くしたりと、削れる時間はいくらでもあります。

 

時間がない所から時間を見出す

下記の画像は、私の一日のタイムスケジュール(平日)です。

平日のタイムスケジュール

 

この円グラフを見ると、自由に使えるのは4時間しかありません。

 

ちなみに残業した場合はもっと少なくなります。

 

この限られた時間の中でやりたいことをやるわけですが、はっきり言って少ないです。

 

なので、私は昼休みの時間を活用しています。 

 

昼休みは1時間で、昼食15分、昼寝15分、残りの30分を自己投資にあてています。

 

これで1日+30分の時間を確保することが出来ます。

 

時間がない=優先度が低い

時間がないと言ってやらない事は、優先度が低い事です。

 

例えば、宝くじで3億円当たった!となればすぐにでも換金しに行くはずですし、学生であれば寝る間を惜しんでテスト勉強をしたはずです。

 

結局自分にとって優先度が低いから、時間がないと言う理由をつけて行動に移さないのです。

 

どうしてもやらなければいけない優先度が高い事は、どんなことがあっても行動します。

 

まとめ

「時間がない」と言うのは行動に移さない言い訳です。

 

行動に移す人は時間がなくても時間を作ります。

 

時間がないと言っている人の中には、家でテレビを見ている人やスマホをポチポチしている人が結構多いです。

 

ちなみに私はテレビを売却してから時間が増えました。

 

ダラダラとテレビを見ている時間て意外と多いです。

 

時間は工夫次第で増やすことが出来ます。

おすすめの記事