スポンサーリンク
Camera, Iphone, Macbook Pro, Macbook, Mockup, Business

こんばんは。宇治まっちゃです。

前日、こんなツイートをしました。

 

今回はこのツイートについて書いていきたいと思います。

毎日使うものにはお金をかけよう

私は物にあまりお金をかけませんが、毎日使うものにはお金をかけています。

 

具体的な例を挙げると

  • パソコン
  • ベッド
  • ドライヤー
  • スーツ+革靴

などです。

 

どれも毎日使うものです。

 

最近では、パソコンを新調したおかげで日々の作業効率が著しくアップしました。

ただし、闇雲にお金をかけるのはお勧めしません。

 

自分が生活していて【これがあれば生活が快適になる】【作業効率が上がる】といったものを選ぶようにしましょう。

 

毎日使っていればお金の元はすぐ取れる

例えば15万円のパソコンを買ったとして、1日の30分早くなったとします。

 

一年間使えば0.5h×365日=182.5h

 

時給1000円とすると

1000円×182.5h=182,500円

 

こう考えるとすぐに購入資金の元を取り返せることがわかります。

 

ベッドに関して言えば、良い睡眠を得られるようになるので仕事のパフォーマンス向上につながります。

 

1日の疲れが溜まりにくくなるので副業にも力を入れられると思います。

 

スポンサーリンク

モチベーション維持につながる

ものにお金をかけるということは【こだわりを持つ】ということです。

 

自分のこだわりのものを持つことによってモチベーションの維持につながります。

 

例えば毎日「仕事だるいなー」と思ってても、自分のお気に入りのスーツ+革靴で出社すれば仕事に対してのやる気が上がりますよね。

 

何かに挑戦する上で、モチベーションは必要不可欠です。

 

自分のこだわりのものを持つと所有感も満たされます。

 

まとめ

もう一度言います。

 

毎日使うものにはお金をかけましょう。

 

少し高いかなと思っても、それによって日常生活が快適になれば安い買い物です。

 

また、安いものを買ってもすぐ壊れたら高くつきます。

 

良いものを買えば長持ちすることは勿論ですが、時間の質も向上します。

 

時間の質が向上すれば、良い生活ができ人生が豊かになります。

 

ものにこだわりを持ち、惜しみなく全力でお金を投じる。

 

大切な思考です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事