こんばんは。宇治まっちゃです。

 

最近家電にハマっていて財布を圧迫してます。

 

家電に限らずですが、物はなるべく安く買いたいですよね。

 

そこで今回は家電量販店で家電を安く買う方法を紹介したいと思います。

 

目次 

 

店に行く前にすること

まず店に行く前にしなければいけないことは【家電の相場を知る】です。今では【○格.com】等で値段を簡単に知ることができます。値段の相場が分からなければ、店へ行っても安いのか高いのか分かりませんからね。

店長に話しかける

店へ行って一番最初にすることは、【店長に話しかける】です。なぜかというと、働いている店員さんの中にはアルバイトだったりパートの人もいるわけです。そういう人に話しかけても値段交渉しても「少々お待ちください。」と言われ、待たされることが多いです。やはり権力がある店長に話しかけるのが一番手っ取り早いです。値段も下げてもらいやすいです。

複数店舗で比較する

店によって下げられる値段の幅はバラつきがあります。仮に同じ家電量販店でさえ、店舗によって違います。売上目標が絡んでいるんだと思います。なので、あらかじめ近場の店をチェックしておいて、複数店舗で値段を比較するのが良いです。

名刺をもらう

店を去る際に対応してくれた人の名刺をもらってください。相手からの印象も良くなりますし、買う意思を伝えられます。次に訪れた際にも良い対応をしてくれます。

現品限りを買う

現品限りしかない家電を買うのはおすすめです。汚れていたり、少し擦れていたりする時があるので、それを理由に下げてもらいましょう。意外と結構下げてくれます。

まとめて複数買う

一つの家電ではなく、複数の家電を買うと値下げしてもらいやすいです。または、「これまとめて買うから、これおまけしてよ」と言うのもありです。

日曜日の夕方に行く

なぜ日曜日の夕方かというと、店には売り上げ目標というものがあります。それを達成するために大幅な値下げが考えられます。月末、四半期といった節目の日もお勧めです。

まとめ

家電に限らず物は安く買いたいですよね。ですが、常識を外れた値段交渉はやめましょう。あまり下げすぎると店が潰れます。そうすると困る人が出てきます。ある程度店にも儲けてもらわなければいけないのです。相手も人間ですから節度ある値段交渉をしていきたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です