こんばんは。宇治まっちゃです。

 

最近ニュースでケフィア事業振興会問題が取り上げられていますね。

 

柿やぬかどこ、ジュースなどのオーナーになれば、半年で利回り10%を保証しますという商品。

 

しかも元本保証。

 

いわゆる「オーナー制度」というやつですね。

 

この投資商品に大金をつぎ込み、会社が破産、負債総額は1053億円で被害者は実に3万人になるようです。

 

中には1000万円以上つぎ込んだ人もいるそうです。

 

たしかに元本保証で利回り10%保証するってかなり魅力的な商品です。

 

しかしお金の知識がある人からみたらかなり怪しいです。

 

だってノーリスクですよね?

 

利益というのはリスクがあって初めて生まれます。

 

リスクなしで利回り10%保証というのは普通ありえません。

 

それと恐らく今回つぎ込まれたお金は老後の資金です。

 

前の記事にも書きましたが、投資は余裕資金でやるものです。

 

↓前の記事

www.ujimacha.work

 

投資は本来なくなっても大丈夫なお金でやるものです。

 

生活資金でやってはいけないのです。

 

ただこういう儲け話に乗りたくなる気持ちもわかります。

 

自分も勉強していなかったらやっていたかもしれません。

 

以前にもジャパン○イフという会社が経営破綻しました。

 

新規で得たお金を配当金にあてる自転車操業をしていたようです。

 

今回もこれと同じです。

 

ニュースで見ると「なんでこんな怪しい商品に手を出したんだか」と思うかもしれません。

 

でもいつ自分が被害にあうかわかりません。

 

今回被害にあった人たちも自分がなるとは思っていなかったでしょう。

 

もし、こういう商品に手を出してしまって、今回のような被害にあわないためには、騒ぎになる前にこっそり解約することです。

 

今回、配当金の支払いが遅延した際、ケフィアから会員に「旧来システムから新金融系システム移行に伴うお振込み遅延のお詫び」と題する書面を送付したそうです。

 

内容は配当金の支払いの遅延に対するお詫びのほか、「改良システム導入後も大きな障害と遅延が続いている。新しい金融系システムの運用開始が5月上旬を見込み、1月分の支払いを5月中旬以降より順次支払う」

 

という内容のものが書いてあったそうです。

 

この時、「あれ?ちょっと怪しいぞ」と思ったらすぐ解約することです。

 

向こうも騒ぎになると困るため普通に解約してくれます。

 

ただ今回のように大きな騒ぎになってしまったら解約することは難しいです。

 

一番はこういう商品に手を出さないことですが、もし似たような商品に手を出してしまったという方は参考にしてください。

 

儲かる話は普通自分には来ません。

 

疑いの目を持ちましょう。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です