こんばんは。宇治まっちゃです。

 

とうとう出ましたね。

 

金融庁「老後の資金、2000万円足りないよー。年金だけじゃ足りないンゴ。」

 

今後、ほぼ確実と言われる「人生100年時代」

 

金融庁が、計画的な資産形成を促す報告書をまとめましたね。

  • 公的年金だけでは老後の生活は無理
  • 95歳まで生きるには、夫婦で2000万円必要
  • 若いうちから計画的な分散投資を

ちなみにこの報告書は、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦のみの世帯で計算しています。

 

公的年金の収入が21万円に対して、支出が26万円で、月約5万円の赤字見通しです。

 

退職後、20年間生きるのに1300万円、30年間生きるのに2000万円必要です。

 

国が【iDeco】や【つみたてNISA】などの投資を勧めていた時点で、何となく察しはついていましたが、今回ストレートに発表しましたね。

 

国が投資を勧めている一方で、テレビの経済ジャーナリストの〇〇 〇〇さん(名前は伏せます)

 

「投資は損をするリスクがある。国が投資に誘うのは無責任」

「働けるうちに共働きで稼ぐ」

 

と言っていますが、もっと違う言い方ないのかと。。。

 

投資にリスクを伴うのは当たり前だし、年金制度が崩壊しつつある現状、投資しないのがリスクなのではと思います。

 

今後、こういう投資系の詐欺が流行りそうですね。

 

日本人は不安解消のためにお金を使いますから。

 

ちなみにこの老後必要と言われる2000万円。

 

月どのくらい投資に回せばいいの?って思ったのでシミュレーションしてみました。

 

20歳から70歳まで働くと仮定すると(おそらく年金もらえる頃には75歳とかもっと上になっているかもですが。)

 

楽天証券のシミュレーションで逆算してみると、年5%で運用できたとして

7,494円!!

と出ました。 

 

あれ、余裕じゃないか?

 

現在私、つみたてNISAの非課税枠限界まで使っています。

 

このニュースを見た人が何人いるか。

 

また、見て行動する人が何人いるか。

 

将来に不安がある人はすぐ行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です