こんにちは。宇治まっちゃです。

 

ブログの広告を変えようと、Googleアドセンスの画面を開いたらこんな表示が出ていました。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

色々調べた結果、収益があまりない人はそのままでも問題ないみたいです。

 

ですが、アクセスする度にこの画面を見るのはあまり気持ちよくないので、改善することにしました。

 

スポンサードサーチ

1.【ads.txt】とは

ads.txtは【アズテキスト】と読みます。

 

簡単に言うと【広告詐欺を減らすための仕組み】のことです。

 

これを導入することで、なりすましサイトへの広告配信を防ぐことができます。

 

広告側と広告掲載側の利益を守ることができます。

 

2.【ads.txt】の作り方

【ads.txt】を作るのは難しそうに見えて簡単です。

 

テキストファイルなのでメモ帳で作ることができます。

 

順番に説明します。

1.Googleアドセンスのサイト運営者IDを確認する

まずGoogleアドセンスにアクセスし、運営者IDを確認します。

この赤い枠で囲んだ数字の部分です。

 

ファイル作成時に必要になります。

2.メモ帳を開きコードを書く

メモ帳に以下のコードを入力します。

google.com, pub-●●●●●●●●●●●●●●●, DIRECT, f08c47fec0942fa0

【●】の部分は先ほど確認した、【サイト運営者ID】の数字になります。

 

コードを書いたら【ads.txt】でファイルを保存します。

スポンサードサーチ

3.サーバーにファイルをアップする

次にサーバーへ今作ったファイルをアップロードします。

※今回はXSERVERでやります。

 XSERVERへアクセスし、【ファイルマネージャ】の画面で【FTPユーザーID】【FTPパスワード】を入力し【ログイン】をクリックする。

フォルダ一覧にある、自分のブログURLフォルダを開く

 【public_html】フォルダを開く

【ファイルを選択】で先ほど作った【ads.txt】を選択し、アップロードをクリックする。

画像のように表示されれば完了です。

 

4.まとめ

私の場合、夜にアップロードして翌朝には警告文字が消えていました。

 

場合によっては修正の期限を求められていたり、改善しないと広告が掲載できないこともあります。

 

時間も1時間かからないので、ぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です